吉野梅郷写真館

アクセスカウンタ

zoom RSS 楓橋周辺にて2

<<   作成日時 : 2017/07/22 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 22

画像


大日本寒山寺

この寺の由来は、明治十八年、時の書家、田口米舫(べいほう)師が中国に遊学、各地を歴訪中

中国寒山寺より寄託された木像の釈迦仏一体を日本に持ち帰り、日本の中で適地を探索していたところ、

この沢井の鵜の瀬渓谷を発見、

当時の青梅鉄道の社長、小澤太平の支援によって沿線の名士、文化人の喜捨を得て建立したというものです

昭和四十五年には、鐘楼の格天井に、当時、気鋭の玉堂門下二十四画伯の絵が寄進され、質素な堂宇に、

華やかさが添えられました

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


つづく

共通データ
ソニーα7
Vario-Tessar T* 24-70mm F4 ZA OSS
トキナー AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5
京セラ Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 (MM)
RAW現像 Adobe Photoshop Lightroom CC

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
天井画の中の山百合の花がとても細かく描かれていて 写真の様ね〜と思って見てました。 このような天井に向日葵があることにちょっと違和感があって 驚きました。
しおん
2017/07/22 00:25
お早うございます!
青梅にも寒山寺が有るんですね。蘇州の寒山寺の鐘を突いたので青梅にも行きたいな!レンゲショウマとセットかな(笑)。
前節の木の実はコウゾではないでしょうか?赤く熟れると食べられますよ!
何でも食べて生きてきた信徳です。
信徳
2017/07/22 06:22
賽銭箱でしょうか。それを魚眼で撮ると中身も増えて見えるのかもしれませんね。
茜雲
2017/07/22 08:22
しおんさんおはようございます。
絵は比較的(s45)最近の作かな。
古い印象ありますけどね。
イッシー
2017/07/22 10:39
信徳さんこんにちは。
寒山寺の対岸が澤ノ井酒造なので、食べ物も有るしいいところですよ。
ぜひおいで下さい。そういえばレンゲショウマですね。今年は早いのかな。
イッシー
2017/07/22 10:42
茜雲さんこんにちは。
中身が増えるなら、自分の財布撮るかな(爆)
イッシー
2017/07/22 10:43
10年ほど前、蘇州の寒山寺を見学してきましたよ。例の、月落烏啼霜満天…の碑文も見てきました。鐘をつくと1回で10歳若返るとのことでしたが、若返るとまた働かなきゃならないので、止めておきました(笑)。
ジーンズの後ろ姿、狙っていましたね。
長さん
2017/07/22 11:40
こんにちは。お寺って階段が多いよなってお尻を見ながら改めて感じ入りました。多摩川を挟んでの澤乃井酒造なんですね。何となく場所のイメージがつかめました。
achisi
2017/07/22 13:21
長さんこんにちは。
折角なので人を絡めようと。
それで皆さん鐘をつくんですね!
イッシー
2017/07/22 14:31
achisiさんこんにちは。
この辺もサイクリング道路あればいいのにって思います。
イッシー
2017/07/22 14:32
こんにちは

こちらの方が
中国より楓橋の雰囲気が
出ますね
寒山寺では鐘を撞かせて
頂きました
浜松の舘山寺も
所縁の寺だそうです
無門
2017/07/22 19:29
天井に描かれた絵が華やかですね〜〜
そして調度品もたくさん置かれていて
賑やかなお寺さんですね(^_-)-☆
魚眼レンズで撮られたお写真がまた
素晴らしいですね〜!
peko
2017/07/22 20:51
無門さんこんばんは。
行かれたことあるんですか、本物に!
鐘をつかれましたか、それで若々しいのですね。
イッシー
2017/07/22 21:08
pekoさんこんばんは。
玉堂の門下生とはなかなか豪華ですよね。
イッシー
2017/07/22 21:09
寒山寺の雰囲気はなんとなく中国風の建物のように見えます。
天井に玉堂の門下生24人の絵が展示されているとは豪華ですね。
mori-sanpo
2017/07/22 21:20
こんばんは!
明治時代に建立されたとは思えないような古刹の雰囲気がありますね。
魚眼の画像は大太鼓の中にいるような気分になりましたが、私だけかな?
「仏心」の掛け軸に身が引き締まりました。ちょっとだけですが…(笑)
うふふ
2017/07/22 21:48
古びた雰囲気がとってもいいお寺ですね。石段に歴史を感じます。魚眼で見るのも新鮮ですね。一番下の石垣の遊歩道、歩いてみたくなりました。
かるきち
2017/07/22 22:05
mori-sanpo さんこんばんは。
豪華ですよねー。有名になった人もいるのかなー。
イッシー
2017/07/22 22:32
蛹の母のうふふさんこんばんは。
ほんとにお母さんと思われてるかもしれませんよ。
うふふさんは確実に仏心をお持ちなのでしょう。
イッシー
2017/07/22 22:35
かるきちさんこんばんは。
この辺りの遊歩道はいいですよ〜。
木陰を選べば涼しいです。
イッシー
2017/07/22 22:37
明治の初めに起こってしまった廃仏毀釈運動も、15年経ったら平気で新しいお寺を建てるという社会になっていたんですね!?
御本尊もそうだそうですが、調度品も中国風のが多いようですね!?
<楓橋>紅葉の時に行ってみたくなります!
宮星
2017/07/23 10:59
宮星さんこんにちは。
明治時代っていろいろ試行錯誤だったのでしょう。
廃仏毀釈のおかげで相当な文化財が壊されてしまったのでしょうね。
イッシー
2017/07/23 12:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
楓橋周辺にて2 吉野梅郷写真館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる