吉野梅郷写真館

アクセスカウンタ

zoom RSS 禁断のケシの花

<<   作成日時 : 2018/06/06 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 20

画像


小平市の都薬用植物園で三日、あへん法で一般には栽培が禁じられているケシの花が

一般公開されていました。二重の鉄柵の中で厳重に栽培されていますが、この時はどこぞの薬学部

の生徒さん達が中に入れてもらって職員さんの説明を聞いていました。

芥子坊主に傷をつけて出てきた液を乾燥させるとアヘンが作れるそうです。

さらに精製することにより、モルヒネ(薬用)やヘロイン(麻薬)ができるのだそうです。

画像


画像


画像


画像


画像


芍薬なども薬用になりますね。

画像


画像


画像


画像


共通データ
NIKON D800
ニコン AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO
TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO
Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
RAW現像 Adobe Photoshop Lightroom CC

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
薬草園のケシの花、以前の檻は一重でしたが今は厳重に
二重になっていると聞きます。(二重になって見たことが有りません)
見られる画像のように檻の中に入れられた人間を見てケシが笑って
いるようです、面白い!
信徳
2018/06/06 06:06
信徳さんこんにちは。
悪用して檻に入るのは人間のほうですね。
イッシー
2018/06/06 07:27
こんにちは。

今日の大阪は雨です。
涼しいです。
ケシの花、綺麗な色ですね。
素敵です。
トトパパ
2018/06/06 09:31
ケシの花^^
綺麗なのに...悪用する人間がいるから
檻に入れられて...可哀想ですね。。
ポピーと見分けがつきません^^;
peko
2018/06/06 10:32
ケシは一重ですが、海外で八重の園芸種が作られています。八重でも栽培禁止なので、ここに植えてあるのですね。
長さん
2018/06/06 12:10
トトパパさんこんにちは。
こちらも雨模様です。気温差が大きいと調子が狂いますね。
イッシー
2018/06/06 12:17
pekoさんこんにちは。
人間の欲望というかなんと言うか、どうにもならないですね。
イッシー
2018/06/06 12:18
長さんこんにちは。
何種類か有るようですね。上手く使えば薬用なのにね。
イッシー
2018/06/06 12:19
梅雨入りしましたね〜
一枚目の写真 ベルガモットのような咲き方ですが これも芥子なんですね。
アヘン・・・と聞くと 可愛らしい芥子坊主も毒々しく見える !(^^)!
しおん
2018/06/06 13:40
こんにちは

東南アジアの
山岳地帯に住んでいたころ
近くのケシ畑を見に行きました
妖しい美しさを感じました
無門
2018/06/06 18:56
ケシの花、2重の折の中で咲いているとは思えないほどの画像ですね。
ケシの花とケシ坊主には、見てはならないような独特の雰囲気を感じます。
mori-sanpo
2018/06/06 19:22
けしの花もポピーと同じように見えますが、やはり全然違うものなのでしょうね。芍薬、名前に薬という文字がついているくらいなので何かの薬になるのですね。
かるきち
2018/06/06 21:19
先日の我が妻の手術の時の麻酔もおそらくこのコ達に助けられました。
漢方薬も含めてどれだけ人間のクスリと変わってくれて助けてくれているか…
植物自身も有益でいたいであろうに。
麦から作られるビールも、飲むほうの気持ちで良きにも悪しきにもなったり。こんなに美しく咲いているのに、もっと広々したところでも咲きたかろうに、と可哀そうな種と感じます…
植物たちにまったく罪はないですもの。
ソフィア
2018/06/06 23:41
しおんさんこんにちは。
アヘン戦争って子供のころの教科書にでてましたね。普段は聞くこともない名称ですが。人間のやることは古典的です。
イッシー
2018/06/07 07:28
無門さんこんにちは。
そんなところに住まわれていたんですね!
現地の方にとっては普通に生活の一部だったのでしょう。
イッシー
2018/06/07 07:30
mori-sanpoさんこんにちは。
この期間は2重の折の一重目(外側)が開放されていて。鉄格子の間隔もレンズ先端が入るくらいです。
イッシー
2018/06/07 07:32
かるきちさんこんにちは。
たぶんそんなに違わないですよ。種類によって果汁の成分が少し違うのでしょう。芍薬は見ているだけでも癒しの効果は有りそうですね。漢方薬として使われますね。
イッシー
2018/06/07 07:36
ソフィアさんこんにちは。
有益であることには変わらないのでしょうが、人間のほうの解釈の違いで毒にも薬にもなりますね。ようは人間性が反映される。私も本性がばれないように(苦笑)綺麗と言われるような写真を撮りますね。
イッシー
2018/06/07 07:40
禁断のケシの方が花が豪華で美しいですね!
まぁ、ちょっと濃すぎる面もありますが・・・
昔は観賞用に普通に栽培されていたそうですが、麻薬問題でこんな管理になってしまいましたね。
大麻の原料の”麻”も麻薬性のない品種が繊維用として普及しているそうですね。
宮星
2018/06/07 20:57
宮星さんこんばんは。
禁断の方は色がくすんでてちょっとね〜。
大きいからたくさん咲いてれば絵になるでしょうか。
大麻のほうは見たことがないです。
イッシー
2018/06/07 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
禁断のケシの花 吉野梅郷写真館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる