智光山わくわく公園祭り2

智光山わくわく公園まつりは、智光山公園内の都市緑化植物園前芝生広場で毎年11月上旬に開催される祭りです。 会場となる公園は、東京ドーム約11個分の広大な敷地を持つ狭山市屈指の公園です。 地域の住民やお店が出店するフリーマーケットで買い物ができるほか、ステージイベントではダンスやお笑いのショーも披露されます。 ま…

続きを読むread more

智光山わくわく公園祭り

以前、埼玉県狭山市のちょっとローカルな公園へ行ったら意外とよかったという記事を上げたのですが。はたまた行ってきました。 私の生活圏内ではないのですが、入間市に行く用事があり寄ってみたらなんだか賑やかだった。。。そんな感じで引っ張ります。 つづく …
コメント:22

続きを読むread more

たちかわ楽市2019

立川口をさらに超えて、あけぼの口方面へ向かうと、昭和天皇記念館のある無料ゾーンでは何やらイベントが! 全く予期してなかったのですが、多少のシャッターチャンスがあるかなと降りていきます。 共通データ ソニーα7 TAMRON 28-75mm …
コメント:22

続きを読むread more

昭和記念公園にてラスト

銀杏の黄葉(カナール並木)は時期がまだ早く(11/4)、全く期待していなかったのですが、意外に進んでいます。 写真編集でかなり黄色にしてますので騙されないように(笑)。 翌週にはもう見頃ですね。 つづく 共通データ ソニーα7…

続きを読むread more

昭和記念公園にて6

この公園のホトトギスの群生は結構なものなのですが、もういかんせん終盤でした。 入ったのは西立川口でしたが、立川口方面へ向かいます。(この日は電車移動) つづく 共通データ ソニーα7ⅱ TAMRON 28-75mm F/2.8 Di …

続きを読むread more

昭和記念公園にて4

この時のメインのコスモスはここでした。花の丘はもう終盤で刈り取り時期かと。 ここにも3種類ぐらい?のコスモスが植えられています。みんなの原っぱの西側です。 つづく 共通データ ソニーα7ⅱ TAMRON 28-75mm F/2.8 D…
コメント:22

続きを読むread more

昭和記念公園にて3

花木円の展示場のあたりです。原種シクラメンもすぐ近くで咲いています。 コスモスの写真だけちょっとフライングしちゃいました。 次の記事で出てきます。 つづく 共通データ ソニーα7ⅱ TAMRON 28-75mm F/2.8 Di…
コメント:22

続きを読むread more

昭和記念公園にて2

夜のうちに降った雨で一部の植物は雫をたたえていました。 ちなみに、ハーブ園のあたりです。コスモスの花をちぎったのは私じゃないですよ~。 つづく 共通データ ソニーα7ⅱ TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD …

続きを読むread more

昭和記念公園にて

11/4.近場で花がありそうな昭和記念公園へ。 県外の山などで紅葉という気持ちもあったのだが、花があるうちは花を撮っておくべきかなと・・・。 紅葉はこれから黙っていても近場まで来るからね~。 原種シクラメン可愛い花ですよね。 公園のあちこちにいろんなオブジェがありました。 …
コメント:16

続きを読むread more

奈良俣ダムから赤城へ

照葉峡の撮影後、奈良俣ダムにもよってみました。 お天気さえよければもう少しこの周辺(奥利根)で紅葉を狙う予定だったのですが。。 ただここより南側は、相変わらずいいお天気です。 まだ時間も早いので赤城にも寄ってみましょう。 覚満淵によってみましたが紅葉は終わっているので退散。 山の中腹はいい感じで紅葉…

続きを読むread more

東京モーターショウ2019その3

1959年のホンダRC142によるロードレース世界選手権初参戦のバイクです。 この翌年には、デビュー戦の田中健二朗氏によって表彰台に初めて日の丸を挙げています。 実は私は田中健二朗氏と縁があって、経営する板金屋さんに勤めていたことがあります。 田中さんはその後のGPで大怪我を負って2輪ライダーからは卒業しますが…
コメント:12

続きを読むread more

照葉峡へ4

まだ青空が見えていますが、強烈な風が吹いてきました。 立っていられないというのはオーバーですが落ち葉がぶっ飛んできて怖いくらいです。 天気予報通りこのあと悪化してしまうのでしょうか。 今のうちに紅葉する葉を撮っておきましょう。 つづく…
コメント:22

続きを読むread more

東京モーターショウ2019

今年のモーターショウは開催場所の範囲を広げてやるらしい。 大々的に宣伝しているし、どないしようかな~。 車は好きだけど、新車なんか買える身分でもないし、ただ綺麗なお姉さんたちはいるので 写真が撮れればいいかなと、、11/3、15時過ぎ着。この日から終わる時間が早まって18時まで。。 ビックサイトの中だ…
コメント:20

続きを読むread more

照葉峡へ3

ここでは車で移動しながらよさそうなところの駐車スペースに停めての撮影です。 ここでは重くても安心感のあるD800で。渓谷は24-120で、紅葉する葉っぱは300mmでクローズアップしたりしながら 変化を付けます。 つづく 共通データ …
コメント:24

続きを読むread more

一の倉沢へラスト

帰り道はやや下りなのでさらに快調ですが、せっかくなので紅葉を狙いながら歩きます。 ただ、自然林の中では、黄葉が多く、赤くきれいなのは少ないですね。 ほどなく土合口駅へ到着。ロープーウェイにも乗ってみたい気はしますが、、照葉峡へと向かいます。 …

続きを読むread more

一の倉沢へ4

手前の紅葉しているところに日が当たっていないので写真的にはいまいちですね。 何時ごろがベストな時間なんだろう。 この先にもまだまだ道はありますが、この後、照葉峡へ行く予定があるので引き返します。 つづく 共通データ ソニー…

続きを読むread more

一の倉沢へ3

平坦な車道を歩くこと小一時間。一の倉沢出会いに到着。 写真で見るとたいしたことないですが、実際にその山容を目にすると雄大さに目も心も奪われます。 つづく 共通データ ソニーα7ⅱ TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III…
コメント:22

続きを読むread more

照葉峡へ2

谷川岳より照葉峡のほうが紅葉はいい感じで、赤くなっている木もそこそこあります。 ここでは、渓谷と紅葉をうまく組み合わせて撮りたいですがまあまあのタイミングでした。 つづく 共通データ NIKON D800 ニコン AF-S NIKKOR…

続きを読むread more

照葉峡へ

照葉峡の最初の滝についたのは10:20ごろ。お昼になっちゃうので、どんどん撮りましょう! 車はそれほど多くなく、狭い駐車場へも楽勝で停められました。 平日でしたが休んで来てよかった。 つづく 共通データ NIKON D800 ニコ…
コメント:20

続きを読むread more

一の倉沢へ2

最初に一の倉沢と聞いた時は、どれだけ歩くんだろうか?と思ったのですが、それほど勾配のない車道歩きを小一時間で 着くとのことで安心しました。それでも荷物は最小限、軽量のミラーレスと交換レンズはズーム2本。 歩き始めてほどなくすると、マチガ沢へ到着。その後も美しいブナ林を眺めながら歩きます。 …
コメント:34

続きを読むread more

一の倉沢へ

信徳さんの記事から照葉峡や一の倉沢のあたりの紅葉情報があったので行ってみました。(11/1) この日は快晴なのですが新潟方面は午後からあまりよくなさそうとの天気予報を受けて、一の倉沢に最初に向かいます。 こちらは初めて行ったので勝手がわからなかったのですが、谷川岳ロープーウェイの土合口駅の有料駐車場に車を停めて …

続きを読むread more

神楽坂雨情ラスト

今回の撮影は軽いミラーレス(α7)に小さく軽いことに関してはピカ一のレンズ(SAMYANG AF35mm F2.8 FE)をチョイスしてみました。 いかがでしたか?雨でぬれた石畳の神楽坂。いいタイミングで撮れたかなと思っています。 おわり …
コメント:26

続きを読むread more

神楽坂雨情5

毎年夏には神楽坂まつりのメインイベントとして阿波踊り大会が開催される。神楽坂まつりは昭和47年(1972年)に神楽坂商店会が中心となって始められ、阿波踊り大会もその時から行われている。参加団体が神楽坂を踊り歩き、周辺の津久戸小学校や愛日小学校などの小学校や東京厚生年金病院も参加する。その他の参加団体には、かぐら連やだむだん連など…

続きを読むread more

神楽坂雨情4

関東大震災以後は、日本橋・銀座方面より商人が流入し、夜店が盛んになった。山の手銀座と言われた時期はこの時で、林芙美子や、矢田津世子の小説にも登場する。坂沿いには商店街が立ち並び、瀬戸物屋・和菓子屋など和を思わせるお店が中心であった。田山花袋は「電車がないから、山の手に住んだ人達は、大抵は神楽坂の通りへと出かけて行った」と記してお…

続きを読むread more

神楽坂雨情3

「神楽坂」の名称の由来について、「江戸名所図会 巻之四」(天保7年)によれば、この坂の右側に高田穴八幡の旅所があり、祭礼で神輿が通るときに神楽を奏したからとも、「若宮八幡の社」の神楽の音がこの坂まで聞こえたからともいわれる。 また、「改撰江戸志」には、津久戸明神が元和の頃に牛込の地に移転した時、神輿が重くてこの坂を上ることができ…

続きを読むread more

神楽坂雨情2

神楽坂の裏道にある石畳の古い路地は、大正時代に隆盛を誇った花街の雰囲気をそのまま残しているらしい。 表通りから一歩入った静かな路地の趣がなんとも言えない。 つづく 共通データ ソニーα7 SAMYANG AF35mm F2.8 FE …

続きを読むread more

薬用植物園にて

この日も立川に行く用事があり朝のほんのひと時に写真撮影。開門前から待機して(笑)。まずは温室から。 ワンパターンと怒られそうだけれども、写真さえ撮っておけば、あとは何とか記事にして・・・ つづく 共通データ ソニーα7 TAMRON …
コメント:20

続きを読むread more

神楽坂雨情

10/25の夕方、千葉など太平洋側で、あの豪雨被害があった日です。 私は折り悪く、九段下の労働局のワークショップに参加のため昼頃に駅に到着、傘は飛ばされそうになるは、 足元はびじょびじょになるはで、散々な目に・・・。 帰るころには小雨になっていたので、ちょいと寄り道スナップ。 …
コメント:22

続きを読むread more

昭和記念公園のコスモス2

会社との往復もあるのでコスモスの丘だけを撮る。 コスモスはやや?かなり?終盤もこれだけの青空の日はあまりないので貴重な撮影タイム。 ほかも廻りたかったけれど贅沢は言えません。 つづく 共通データ ソニーα7 TAMRON 28-…
コメント:26

続きを読むread more

智光山公園にて3

小さいながらも花が充実した温室があります。 有名ではないけれど楽しめる公園ですね。 因みに智光山公園内の都市緑化植物園になり公園内の東側です。 共通データ ソニーα7ⅱ TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD 京セ…

続きを読むread more

智光山公園にて2

子供がまだ小さいころ、埼玉県入間市に住んでいたことがあり、この公園にはよく遊びに来ていました。 公園自体の面積はかなり広大で小さいけれど動物園もあります。 ですから、小さいながらもバラ園があることは知っていての訪問だったのです。 つづく …
コメント:24

続きを読むread more

智光山公園にて

埼玉県狭山市にある智光山公園にバラを撮りに行ってきました。 何故そんなところでって。この日も用事があり埼玉県入間市に出かけていたからなんです。 曇りがちで薄暗かったのですが何とか撮れました。 つづく 共通データ ソニーα7Ⅱ T…

続きを読むread more

芝生広場の周りで

芝生広場の周りにはめぼしい花はなかったのですが、深大寺方面からは太鼓の音が聞こえます。 お祭りかな~。行ってみたいのですが、深大寺門から出ると、再入場が難しい時間でした。 ぐるっと回って帰ってくるには遠すぎますからこの日の撮影はこれで終わりです。 …
コメント:24

続きを読むread more

再びのバラ園にて

温室を出て今度は芝生広場周りの花壇にでも行こうかと。 バラ園の向こうなのでせっかくですから、今度は望遠レンズの目線で撮影 共通データ NIKON D800 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED RAW現像 A…

続きを読むread more

神代植物園の温室にて 4

続いてはベゴニアの部屋です。カラフルで派手なんですが、どうもワンパターンにしか撮れなくて。。 ここの存在を知ったのは、一昔前のブログからです。 もう亡くなってしまわれたのですが、トンボさんという方が綺麗に撮られていて印象に残り、撮りに行ったのが初めです。 イッシーさんは修業が足らんよとあちらの世界で言っているか…

続きを読むread more

神代植物園の温室にて 3

ランの花はカラフルだったり地味だったり、大きかったり小さかったり。。 変化に富んでますよね~。一括りにランの花なんて言ってブログアップしてると、 長さんあたりに叱られるかもしれません。。 つづく 共通データ NIKON D800 …
コメント:28

続きを読むread more

神代植物園の温室にて

神代植物園に来たのは、バラだけが目当てではありません。 温室でも花がいっぱいあるので、最近の停滞気味の撮影行をごまかすため、 ここで記事稼ぎします。。。 共通データ NIKON D800 コシナ フォクトレンダー NOKTON …

続きを読むread more

秋のバラフェスタにて4

今回の記事までのややワンパターンなバラの花だけの写真は、 コシナ フォクトレンダー NOKTON 58mm F1.4 SL IIという現代のオールドレンズ(マニュアルフォーカス)と フィルム時代のオートフォーカスが世に出た時に発売された、マニュアルフォーカスのレンズをオートフォーカス化 してしまえるという超怪し…

続きを読むread more