テーマ:洋館

横浜西洋館巡り14

山手234番館はポーランド共和国のクリスマスの飾りつけでした。 横浜市イギリス館へ向かう道すがらの撮影です。 つづく 共通データ ソニーα6000 ソニー E16 F2.8 + フィッシュアイコンバーター ソニーα7Ⅱ TAMRO…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

横浜西洋館巡り13

山手234番館です。 昭和2(1927)年頃に外国人向けの共同住宅(アパートメントハウス)として、現在の敷地に建てられました。ここは関東大震災の復興事業の一つで、横浜を離れた外国人に戻ってもらうために建設された経緯があります。設計者は、隣接する山手89-6番館(現「えの木てい」)と同じ、朝香吉蔵です。(公式サイトHPより)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜西洋館巡り12

写真の順番がいい加減でいろいろ混在しちゃいましたが、 山手234番館周辺です。エリスマン邸は工事中でした。 ちょっとしたお花の飾りつけがお洒落ですよね。 つづく 共通データ ソニーα6000 ソニー E16 F2.8 + フィッ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

横浜西洋館巡り11

べーリックホールの飾りつけはフランス共和国。 最初の記事のテーブルお洒落でしたものね~。 それ以外の部屋の飾りつけは特にありません。 つづく 共通データ ソニーα6000 ソニー E16 F2.8 + フィッシュアイコンバーター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜西洋館巡り10

大きな建物ですよね~! 子供ベアとか、浴室とか、とっても豪華です。 つづく 共通データ ソニーα6000 ソニー E16 F2.8 + フィッシュアイコンバーター ソニーα7Ⅱ TAMRON 28-75mm F/2.8 Di II…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜西洋館巡り9

次に向かったのはべーリックホールです。 イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、昭和5(1930)年に設計されました。第二次世界大戦前まで住宅として使用された後、昭和31(1956)年に遺族より宗教法人カトリック・マリア会に寄贈されました。その後、平成12(2000)年まで、セント・ジョセフ・インターナショナル・ス…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more