テーマ:旅行

高湯温泉へ2

チェックインした日は日曜日ですがチェックアウトが月曜日なので平日プランとなっているようです。 普段はほんとに安いビジネスホテルにしか泊まってないので大満足でした。 仕事の関係で日曜日に福島県南相馬市に行っていたので計画したプランでした。 月曜日が雨でなければ浄土平あたりのハイキングを計画していましたが、あい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高湯温泉へ

福島県の高湯温泉に一泊してきました(7/7) 20数回目の結婚記念日を記念してたまには夫婦でと。 高湯温泉とは福島市から吾妻小富士や浄土平を目指し登っていく先にある高台の温泉で磐梯吾妻スカイラインのゲート付近にあります。 以前、浄土平付近を散策したときに帰りに寄った 日帰り入浴施設、「あったか湯」の泉質が気に…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

鹿児島へラスト

せっかくだからと桜島を見に行ったがまったく見えない。 そんなことしていたおかげで、空港着がフライト20分前という 超ぎりぎりであせった。搭乗が少し遅れてたからあせらなくっても余裕だったんだけどね。 羽田周辺は大気が不安定で、着陸許可待ち。 デズニーシー?やスカイツリーも見えたのは、風が強かった影響かもしれない。(ちな…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

鹿児島へ11

本土最南端のペンション「菜の花館」周辺の景色はすばらしい。 温泉も塩が強い割にはさらっとした泉質で最高。 徳光温泉(とくこうおんせん) ちょっと冒険して近くの温泉へも。料金は150円也! 妻だけ置いて私は夕景の開聞岳(前記事)の撮影。 妻は地元のおばちゃんに親切にも背中を流してもらったそうだ(笑) (今となっては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島へ10

開聞岳は曇って見えないが、夕日のあたりの雲が薄れてきた。 チャンス到来と適当な浜辺で撮影。 コンデジだけれどもなかなかよく写る。 つづく
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

鹿児島へ9

2日目の宿泊場所に選んだのは、本土最南端の宿。菜の花館 海沿いの景色のいいところなのだが残念ながらのお天気。 まだチェックインには早いので、長崎鼻辺りをうろつく。 小さな漁港がいい風情なので車から降りたら、とたんに強い雨と風。 堤防に立っていたので危なかった。(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島へ8

枕崎の市場にて。 ここは全国でも有数の鰹節の産地。魚も豊富そうです。 でも、お寿司なんかは北国のほうが旨いけどねー。 鰹節工場なんかを見学できればいいんだけれど、まったくリサーチなしなので通過。。 つづく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島へ7

吹上浜、薩摩半島の東シナ海に面した長い浜辺。 湯の元からは山一つ越えた場所。 海亀が産卵する自然豊かな浜なのだが意外と波や風が強い。 サーフィンには良さそうですけれどね。 このときも海からの強い風で浜辺が煙っていて、塩辛い匂いがしていたのには驚く。 2日目の宿泊場所へ向かう途…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

鹿児島へ6

我が家の父方のルーツ鹿児島県日置市湯田。(湯の元温泉) 駅前に病院と老人介護施設があり、年寄りは人口の割りに多い。 昔は、薩摩藩のご前湯にもなっていたほど栄えていたのだが、 今は限界集落。昔は旅館も数件あり野球場もあるので、ロッテが良くキャンプを張っていた。 田の神様、現地では「たのかんさー」と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島へ5

前記事のスーパーで売り物の花などを撮る。 中古だが買い換えたコンデジ(ソニーのRX-100)は何でもよく写る。 蘂にピントが合わせられなかったのはご愛嬌と言うことで。。 鹿児島のおしょうゆやさんで買い物。 ちなみに鹿児島のおしょうゆはとても甘い。 今ではそうでもなくなったけれど、昔は驚いたものだ。 現在は何処でも…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

鹿児島へ4

一日目の宿、海が見える温泉にしては料金も安く2人で2食付で1万4千円也。 お天気がよければ、東シナ海に沈む夕日が見られたかもしれない。 翌朝、串木野のマーケットへ。さつま揚げが名産だが、地元では「つけあげ」という。 伊勢えびや鯛なども生簀に泳いでいた。 海の近くはやっぱりいいなー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島へ3

鹿児島空港でちょっと遅めの昼食。 鹿児島は食べ物は何でも美味しいが、とんこつラーメンなど頼んでパチリ。妻は息子にシャメ。 市内で食べれば有名店などもあるのだろうが、それはまたいつかのお楽しみで。 3時前に叔母に会い、元気そうなのでほっとした。 言っていることの時期は多少??遡っているが、私のことが誰だかはわかっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島へ2

航空券はまともに買うと結構高いが、今回は予約が早かったこともあって、片道一万円以下。 レンタカーも宿もネットで予約し予定が決まる。便利な世の中になったものだ。 残念なことにお天気はかなりの荒れ模様。 ようやく富士山が確認できた。 つづく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島へ

私が若いころ世話になった叔母が、介護施設に入ったと言う。 私は子供のころ、故あって父親との2人だけで生活していたのだが、その父親が亡くなったのが高校2年のとき。その後、私は一人で生活することには抵抗は無かったのだが、未成年だったので、法令上?叔母に後見人と言う形になってもらった。 勿論それ以前にも、それ以後にもお世話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観光果樹園にて

銀山温泉に行った帰りに立ち寄った果樹園にて 通常ですとぶどう狩り真っ最中なのだそうですが、今年はもうほとんど終わりだそうです(10/16) 私たちは早くから予約が入っていたので残してくれていたそうです。 干し柿は秋本番のイメージですね。 連日の複数記事のアップですが、記事の中味はち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀山温泉にて その3

今回は周辺の環境などを 滝の名称は確認していませんが温泉街の奥の滝です。 三脚代わりに手すりを利用して。 岩魚も泳いでいます。 少し紅葉が始まっていました。(10/16撮影) 終わり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀山温泉にて

山形県にある銀山温泉に行ってきました。 日帰りの社員旅行ですけれど。 銀山温泉は、かつて江戸時代初期の大銀山として栄えた「延沢銀山」の名称に由来しています。 大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べ、 昔ながらの独特な景観を味わうことができます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最上川三難所めぐり

秋の日帰り社員旅行での一こまです。 山形の銀山温泉に行く途中に、船下りを楽しみました。 以下、解説文 最上川の舟運は、古代・中世ごろから部分的に行われていたが、近世に入って物資流通の範囲が拡大するにつれ最上川舟運への期待が高まった。しかし、最上川中流域の「三難所」、すなわち岩礁が露出して船の通行ができない碁点・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みかん狩り

晴天のもと、みかん狩りに行ってきました。(12/29) 埼玉県のときがわ町です。 たわわに実っています。 こんな斜面で行ないます。 収穫後のお茶 蜜柑園のおばさんの手作りのこんにゃくがついてます。 周囲もいい雰囲気 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のライトアップ(水上バスから)

永代橋のブルーが鮮やか 勝鬨橋はグリーン 日本では珍しい可動橋(跳開橋)であるが、現在では機械部への電力供給も無く、 可動部もロックされ、跳開することはない。 1970年11月から開閉されていないそうだが、、開くところを見てみたい! 往来する屋形船も多い …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

レインボウブリッジ(水上バスからの夜景)

お馴染みのレインボウブリッジもその名のとおりの色にライトアップされていた。 全体的に撮りたかったのだが、昔の標準レンズ(50mm/f1.8)のレンズでの撮影なので部分的に切り取る。 三日月がビルの間から顔を出していた。 いまひとつシャープに撮れないのは動いて揺れる船上で手持ち撮影なので、ご容赦ください。 …
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

ナイトクルーズ

ナイトクルーズなんてかっこいいタイトルにしたのだが。 東京都公園協会が運営する水上バスで、『両国レインボーブリッジ周遊』というのに乗ってみた。 豪華客船をイメージされた方には申し訳ないが、写真撮影が目的なので水上バスがお手ごろ。 両国から隅田川を下りレインボウブリッジの先で折り返してくる一時間のコースで料金は1200円…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

九州への旅

「九州への旅」といっても社員旅行ではありますが。 12、13日と一泊2日で行ってきました。 一日目は別府で地獄めぐり、湯布院散策、泊まりは別府。 上から、海地獄、地の池地獄、下のワニがいるのが鬼山地獄 不思議ですよね、池の色が変わるなんて。。 海地獄の近くの池が綺麗でしたので写真など…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

鹿児島へ 3

次の日は前日の反省を生かし、普通の海水浴場へ、私の田舎に近い江口浜海浜公園へ行く。散々泳ぎ回って飽きてきたので、ドライブへ。池田湖で私のニックネームと同じイッシー(池田湖で目撃されたなぞの生物)に遭遇し さらに、開聞岳方面へ。開聞岳自然公園で天然記念物のトカラウマとふれあいこの日の予定終了。 お土産に、さつま揚げ、カルカン、焼酎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島へ 2

初日は、鹿児島市内観光。 午後の便なので遅い昼食になりましたが鹿児島ラーメンを食べ、西郷像、歴史資料館などを見学、市内の銭湯(温泉)に入って夕食はガイドブックに乗っていたとんかつ屋へ。 いつも思うのですが、なんといっても鹿児島は肉類がうまい。地鶏、黒豚、、牛、、いつも食べ過ぎて太って帰ってきます。 2日目はあいさつ回りと墓…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島へ

子供と私の休みが一致したので6年ぶりに里帰りしました。インターネットで格安の航空券を確保し3泊4日の旅です。小さい頃、鹿児島市内にほんの少し住んでいたことがあり、また親戚が皆、鹿児島のため子供の頃は度々行っていたのですが、今は家族3人で帰ると航空券だけで片道10万円掛かってしまうため久しぶりの里帰りです。 まともに買うと片道3万以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more