テーマ:東京

東京モーターショウ2019

今年のモーターショウは開催場所の範囲を広げてやるらしい。 大々的に宣伝しているし、どないしようかな~。 車は好きだけど、新車なんか買える身分でもないし、ただ綺麗なお姉さんたちはいるので 写真が撮れればいいかなと、、11/3、15時過ぎ着。この日から終わる時間が早まって18時まで。。 ビックサイトの中だ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

神楽坂雨情ラスト

今回の撮影は軽いミラーレス(α7)に小さく軽いことに関してはピカ一のレンズ(SAMYANG AF35mm F2.8 FE)をチョイスしてみました。 いかがでしたか?雨でぬれた石畳の神楽坂。いいタイミングで撮れたかなと思っています。 おわり …
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

神楽坂雨情5

毎年夏には神楽坂まつりのメインイベントとして阿波踊り大会が開催される。神楽坂まつりは昭和47年(1972年)に神楽坂商店会が中心となって始められ、阿波踊り大会もその時から行われている。参加団体が神楽坂を踊り歩き、周辺の津久戸小学校や愛日小学校などの小学校や東京厚生年金病院も参加する。その他の参加団体には、かぐら連やだむだん連など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神楽坂雨情4

関東大震災以後は、日本橋・銀座方面より商人が流入し、夜店が盛んになった。山の手銀座と言われた時期はこの時で、林芙美子や、矢田津世子の小説にも登場する。坂沿いには商店街が立ち並び、瀬戸物屋・和菓子屋など和を思わせるお店が中心であった。田山花袋は「電車がないから、山の手に住んだ人達は、大抵は神楽坂の通りへと出かけて行った」と記してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神楽坂雨情3

「神楽坂」の名称の由来について、「江戸名所図会 巻之四」(天保7年)によれば、この坂の右側に高田穴八幡の旅所があり、祭礼で神輿が通るときに神楽を奏したからとも、「若宮八幡の社」の神楽の音がこの坂まで聞こえたからともいわれる。 また、「改撰江戸志」には、津久戸明神が元和の頃に牛込の地に移転した時、神輿が重くてこの坂を上ることができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神楽坂雨情2

神楽坂の裏道にある石畳の古い路地は、大正時代に隆盛を誇った花街の雰囲気をそのまま残しているらしい。 表通りから一歩入った静かな路地の趣がなんとも言えない。 つづく 共通データ ソニーα7 SAMYANG AF35mm F2.8 FE …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神楽坂雨情

10/25の夕方、千葉など太平洋側で、あの豪雨被害があった日です。 私は折り悪く、九段下の労働局のワークショップに参加のため昼頃に駅に到着、傘は飛ばされそうになるは、 足元はびじょびじょになるはで、散々な目に・・・。 帰るころには小雨になっていたので、ちょいと寄り道スナップ。 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

青梅駅前のシャッター街ラスト

さて、これから再開発が順調に進むことを祈る一方で、その変わり方も画像に収めておきたいと思う。 (建通新聞東京版2016年7月27日号掲載記事より) 再開発施設の建設に向け、6月15日に大京と事業協力者の協定を締結。同月17日には、青梅市の中心市街地活性化基本計画が内閣総理大臣の認定を受け、事業化に拍車が掛かった。計画期間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アートアクアリウム ~江戸・金魚の涼~ラスト

このイベントに合わせて様々な催しがあったり、夜にはまたショーもあったりするようです。 日本橋で開催されるのは今年で最後とのことでした。 共通データ ソニーα6000 ソニー E16 F2.8 + フィッシュアイコンバーター RAW現像 Adobe…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

アートアクアリウム ~江戸・金魚の涼~2

巨大金魚鉢と光や音の演出はフォトジェニックではあります。 お手軽な魚眼持って行ったけれどそこそこはマッチしたかと思います。 つづく 共通データ ソニーα6000 ソニー E16 F2.8 + フィッシュアイコンバーター RAW現像 …
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

アートアクアリウム ~江戸・金魚の涼~

仕事で都内の講習会に参加して4時過ぎに終了。調べてみたら地下鉄ですぐ行ける。 地下鉄の駅を降りてからはてどっちだろうというのは有ったが、適当に歩いてるうちに看板を見つけ到着。 入場料も1000円でそんなに高くないし、平日なのでめちゃくちゃ混んではいないのでよかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンモス展へラスト

2005年夏に「愛・地球博」公開された冷凍マンモスの頭部は残念ながら撮影禁止だったが、 復元されたレプリカなども見られ面白かった。 因みに、このような冷凍状態でクリアーに見せる技術は日本ならではとのことで、 冷凍されている個室の展示などは、都内のマンションが一室買えるぐらいの費用がかかるらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンモス展へ3

永久凍土から発掘される個体は、何千万年前からのものであるが、冷凍保存された状態なので非常に生々しい。 研究者たちに解剖された個体の中には、血液なども凍ったまま取り出されたり、臓器なども完全なものが多いという。 最新技術によって細胞を復活させたりゲノム解析されたりと今後も進んでいくのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

マンモス展へ2

約4000年前に絶滅したと言われている大型哺乳類のマンモスが、地球温暖化の影響で、 ロシア連邦サハ共和国の永久凍土から次々と発掘されています。 日本では、冷凍マンモスの頭部(ユカギルマンモス)が2005年夏に「愛・地球博」で初めて公開されました。 その時には見られなかったのですが、今回は近年発掘されたものと併せ…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

マンモス展へ

お台場周辺に行く用事があったのでマンモス展によってみました。 会場の日本科学未来館へは行ったことがないのと、この日(8/17)の東京は暑さが凄かったので お台場周辺を周回している無料バスを使ってみました。 今お台場ではカババス(水陸両用車)も走っているんですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すみだ水族館へラスト

水族館で涼んだ後は暑い外へ。 と思いきや、急な雨が降ったりしてそんなに暑くはないので助かる。 台風が過ぎるとまた暑いんだろうな~。 おわり 共通データ ソニーα7 TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すみだ水族館へ3

昭和の雰囲気漂うレトロな展示空間で金魚鑑賞に浸ることができる「東京金魚ワンダーランド2019」を開催 そんなうたい文句にひかれて行ったのだが、どこが・・・レトロな空間なんだっていう部分はちょっと期待外れ。 まあ、しょうがないかな。そのまんまレトロな町青梅から来たんだから・・・ …
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

すみだ水族館へ2

ここは青梅の山奥からは遠いのだが、前回来た時の印象がよかったからまた来てみた。 そんなに広くはないが展示の仕方も良く、今回は和の金魚の世界のイベントも惹かれるものがあった。 お天気が悪くても暑くても楽しめるしね。 つづく 共通データ ソニーα7 …
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

すみだ水族館へ

台風10号の影響残る8/15終戦記念日。 東京大空襲では悲惨な現場となった言問橋を超え、スカイツリータウンの水族館へ こんな日だからそんなに混んでないかなと・・・(うゎっ混んでる) つづく 共通データ ソニーα7 TAMRON 2…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2019ラスト

折角来たので館内を散策。 最後なので品川観光協会の説明文をコピペします。 東京都指定有形文化財「百段階段」 「百段階段」は1935(昭和10)年に建てられた木造建築で、東京都の有形文化財に指定されています。ホテル雅叙園東京の前身である目黒雅叙園3号館にあたり、かつて晴れやかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2019その8

「頂上の間」の続きです。 あかり絵と言うのが気に入ってしまったのでほぼ撮影。 そして後は階段を下りる。 そして、トイレの個室の凄いこと!流石にここでは用は足せない。。 つづく 共通データ ソニーα6000 ソニー E16 F2…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2019その7

百段階段といいながら何故か99段で終わる(笑) そして、「頂上の間」。 ここでの展示は、サンドアートやあかり絵が目を引く。 あかり絵は次でも続く。 つづく 共通データ ソニーα6000 ソニー E16 F2.8 + フィッシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2019その6

「清方の間」の展示の続きです。 切り絵や金魚ちょうちん他、細かいものが多かった印象です。天井等の作りや絵がそのまま美術品ですね。 つづく 共通データ ソニーα6000 ソニー E16 F2.8 + フィッシュアイコンバーター ソニー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2019その5

「星光の間」では四季の草花などが描かれていて目を引きました。灯篭の細かい細工が凄いですね。流石にメイドインジャパン。 芸が細かいですよね~。 続く「清方の間」は茶室風でその6に続きます。 つづく 共通データ ソニーα6000 ソニー E16…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2019その4

さらに登りながら各部屋をのぞいていきます。天井に掛かれた絵や建具などの見事なことは言うまでもありませんが今回の主役はあくまでも和のあかりのアイテムで抑えた照明の為目立ちませんね。 灯篭や和紙の作品がいいですね。 つづく 共通データ ソニーα…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2019その3

次の部屋(草丘の間)の展示はカラフルな和傘がテーマでした。その次は(静水の間)でガラス加工品が目を引きます。 ちなみにこの日の撮影はカメラ2台体制!それぞれのカメラに魚眼と標準ズームをセットし、斜めがけストラップでタスキ掛け。 ちょっと異様かもしれませんが便利ですし、魚眼も今回有効でした。 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2019その2

次の部屋(漁樵の間)へ行く途中の天井画も立派です。 そもそもどのお部屋の装飾も一休品です。 展示物も勿論いいのですが何も無いときにも見に来たいです。このお部屋の展示は長崎ランタンフェスティバルの展示でした。 つづく 共通データ ソニーα6…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2019

アートイルミネーション 和のあかり×百段階段2019 ~こころの色彩~ 開催期間:2019年7月6日(土)~9月1日(日) 私は7月中旬の三連休の最終日、15日に行ってきました。 会場着は開催時間10時の10分程度前です。 熱心な方がすでに列を成しています。 さて、いよいよ入場。前売り券を購入しスマホ画面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野公園にて

上野公園へ出かけてきました。 冬ボタンとこの前出かけた時に見そびれた博物館の展示を見に・・・。 中央広場ではないやらのイベント はっきり言って普通の女の子でも奇麗な衣装と派手な演出でアイドルで通用しちゃうの?? 共通データ ソニーα7 Va…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深大寺へ2

お蕎麦屋さんももちろん賑わっているがお土産やお団子屋さんも多い。 時期やタイミングにもよるのだろうが、これだけの集客があればこの門前町は潤うことだろう。 共通データ ソニーα7 Vario-Tessar T* 24-70mm F4 ZA O…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more