テーマ:お祭り

正一位岩走神社例大祭ラスト

神事が終わるとお祭りは終了です。 境内内はお神輿や人で一杯でちょっと高いところから見ると見事です。 この日の撮影はミラーレスに標準ズーム一本でした。 暗いせいなのかピントがうまく合わなくてシャッターチャンスを逃す場面もありました。 半面、液晶を使ってハイアングルなどの撮影はしやすく一長一短というところでし…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

正一位岩走神社例大祭5

山車もなかなか見事です。 境内には山車は入れない(入らない)ため、鳥居の真ん前まで来て引き返します。 つづく 共通データ ソニーα7 TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD RAW現像 Adobe Photo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正一位岩走神社例大祭3

あきる野市のHPより 渡御は昼に神社を出発し、先頭に先祓い鉾4本、12基の町内神輿の後に木遣り音頭に囃された獅子頭が2つ続き、 太鼓車・神社神輿・山車2台・囃子車4台が続いて町内を一団となって巡行します。 夕闇の境内への宮入は最高潮となり、最大の見どころです。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

正一位岩走神社例大祭2

最初は子供のお神輿から普通に始まりますが、大人のお神輿が来ると急に荒れだします。 お巡りさんが『安全な運航をお願いします』なんて言ってますが、だれも聞いちゃあいません(笑) 私の撮影ポジションも結構危ないんです。うかうかしてると潰されます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年青梅大祭ラスト

ひょっとするとこの後の時間帯のほうが見所があったかもしれませんが今年はこれにて。。 来年同じ方法で開催されるなら18時過ぎに見に来ましょう。 共通データ NIKON D800 NIKON AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年青梅大祭3

このあと18時過ぎより提灯行列が有ったようですのでそちらのほうが良かったかもしれませんが、 一列に並んで次々にくるより、山車同志の競り合いが見たかったので早々に帰ってしまいました。 共通データ NIKON D800 NIKON AF-S NI…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

令和元年青梅大祭2

山車が集まる時間も例年より早いので私にとってはいまひとつつまらないです。 やはり、ちょうちんの灯りがともるころのほうが写真的には趣がありますね。 共通データ NIKON D800 NIKON AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018青梅だるま市ラスト

青梅の今はちょっと寂れた街ですが、昔は養蚕や繊維産業でにぎわった街なので 歴史が色濃く残っているのでしょう。大切にしたい催しものですね。 終わり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018青梅だるま市3

ここで売られているだるまには「多摩だるま(東京だるま)」が入っているようです、 多摩西部の数件のだるま屋さんで手作りされたものだそうですよ。 高崎だるまと比較して毛の量が少なく、あっさりとした顔が多いとのことです。 主なだるまの産地は、仙台・高崎・白河・越谷・多摩・平塚・富士市・伊豆市・愛媛・大分などですが、 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

2018青梅だるま市2

青梅のだるま市の歴史は古く、およそ500年ほど前から、もともとはまゆ玉から始まったとか。 旧青梅街道沿いに約300店の露店がずらりと並びます。 つづく 共通データ NIKON D800 トキナー AT-X 107 DX Fisheye …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

2018青梅だるま市

冒頭から火だるまの写真でごめんなさい。 穏やかな一年であってほしいですよね。 1/12は青梅のだるま市の日でした。 ちょっとだけ寄ってきました。 つづく 共通データ NIKON D800 トキナー AT-X 107 DX F…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

福生七夕祭り2

普段はそれほど栄えているとも思えない商店街の細い通りは、銀座通りと呼ばれますが、 この日は、本物の銀座も真っ青の人通りです。 つづく 共通データ ソニーα7 Vario-Tessar T* 24-70mm F4 ZA OSS RAW…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

青梅大祭2016 その3

現在のような山車のお祭りが始まったのは1872年、明治5年からで、前年に住江町が川越からサルの人形と山車を譲り受けたのがきっかけだと言われています。上町や仲町の人形の箱書きにも「明治5年」と記されていることから、この説が有力だとされています。
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

青梅アートフェスティバル2015ラスト

今年は青梅の市長選の投票日とかぶってしまったけれど、 いっそのこと、ハロウィンとダブらせて大仮装大会にするとか、 市の文化祭やフォトコンテストの表彰式もこの時にするとか、、 少しテコ入れしてほしいですね。 市長選の投票率も低そうですけどね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かっぱ橋道具まつり番外編

折角行ったので奥さん用に安い包丁を買いました。 サンドビックと言うメーカーのもので、実は会社で使っている旋盤の刃物とおんなじメーカーです。 航空エンジン用の超硬い材料をバリバリ削ってくれるチップのメーカーです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小作駅(プロジェクションマッピング)

羽村市のJR青梅線小作駅東口駅前広場で毎晩、市内の風景イメージを立体映像で紹介するプロジェクションマッピングが上映されている。市、市商工会青年部などが「若者にアピールするイベントを」と企画した。  上映時間は約5分。約400平方メートルの広場に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かっぱ橋道具まつりにて5

顧客の多くが飲食店で、調理、厨房備品に関するものなら何でも揃うと言われます。 厨房用品一切に係わる専門店は、その総数が170店以上に及ぶそうです。 つづく
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

かっぱ橋道具まつりにて4

<合羽橋名前の由来> 金竜小学校跡地辺りにその昔伊予新谷の城主の下屋敷があり、小身の侍や足軽が内職で作った雨合羽を、 天気の良い日に近くの橋にズラリと干していたとのこと。。。 河童なのか合羽なのか?? つづく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かっぱ橋道具まつりにて3

曹源寺通称”かっぱ寺”に墓所がある合羽屋喜八のお話しです。今から約180年前の文化年間、合羽川太郎(本名合羽屋喜八)は、この辺りの水はけが悪く少しの雨ですぐ洪水になってしまうのを見かね、私財を投げ出して掘割工事を始めました。なかなか捗らない工事の様子を見ていた隅田川の河童達は、川太郎の善行に感動して夜な夜な工事を手伝ったそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かっぱ橋道具まつりにて2

実は私、刃物とか大好きです。 決して危ない性格と言うわけではないのですが。 職人が丹精込めて作ったものとかはやっぱりいいですねー。
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

かっぱ橋道具まつりにて

私は最終日の12日に行ってきました。 かっぱ橋の道具街って本当の専門店ばかりだと思っていたので 今まで足を踏み入れたことが有りませんでしたが凄い賑わいでした。 つづく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正一位岩走神社例大祭ラスト

さて、エピローグです。 神社の境内はこれでもかと言うぐらいの人と熱気に満ち溢れています。 お祭りはこうでなくっちゃね! (ニコンD800 AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G  単焦点 レンズ一本ですべて撮影しました) …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

正一位岩走神社例大祭4

ここのお祭りがこんなに凄かったなんて想像もしていませんでした。 撮影ポジションと持っていったレンズとのマッチングも良く印象的な撮影になりました。 (神輿にはぐいぐい押されたり、足を踏まれたり。。) 本当は誰にも教えたくないくらいの圧巻のお祭りです。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正一位岩走神社例大祭3

圧巻の宮入はまだまだ続きます。 情報では女性の神様(稚日女尊と棚機姫命)だから大人しいお祭り。 いやいやとんでもない。情熱的ともいえる神輿の暴れっぷりは一見の価値あり。 (ここのお祭りはあんまり知られてないんですけどねー) つづく
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

正一位岩走神社例大祭2

平安の末期に、信濃國伊那郡の住民が当地に来り一村を開き、信濃國総鎮守の戸隠神社の手力男命を 勧請し、後に数年を経て稚日女尊と棚機姫命を祀る。 (この辺りはあきる野市伊奈という地域なのですが地名からして信州の伊那郡と関わりがありそうですね) 光格天皇の御代(1794年)に正一位の神格を勅許されたことにより、以後、正一位岩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正一位岩走神社例大祭

あきる野市伊奈にある正一位岩走神社の祭礼です。(9/20) 350年余りの歴史あるお祭りです。13基の神輿と山車が地域を練り歩き囃子が祭りを盛り上げます。 圧巻は、14日の宮入らしいので、夕方5時過ぎに行ってきました。 先ずはプロローグです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目黒のSUNまつりから3

長蛇の列を並び終えて自分のところにさんまが来る歓喜の時 皆さん嬉しそうですねー 各地の物産展も賑わってました。 並びたくない人はこちらがお勧めです。 私はこの後しばらく歩いて、目黒に有る中古カメラ屋さんへ立ち寄りました。 終わり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more